ホワイトペーパー

ファイル共有サービス使った攻撃が増加 - 最新「Eメール脅威レポート」

ファイア・アイ株式会社 2019年08月29日

セキュリティ企業FireEyeは、最新脅威の動向をまとめた「Eメール脅威レポート」を定期的に公表している。本資料は、その最新版である2019年第1四半期を対象にした日本語版のレポートだ。

統計から見えてきたものとして「URLを用いた不正コンテンツをダウンロードさせる手法が主流になったこと」「第1四半期のフィッシング攻撃件数が17%増加したこと」「COE詐欺がサイバー犯罪者の資金源となっており、新たな2つの手法が出現したこと」などを解説している。また、この四半期で著しく増加した攻撃として「ファイル共有サービスを悪用した攻撃」を詳説している。最

新の脅威動向を知ることは、攻撃への対策の第一歩となるものだ。ぜひダウンロードし情報のインプットに活用してほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]