ホワイトペーパー

検知に偏るセキュリティ対策を是正すべき、DDI情報を活用したこれからのセキュリティ対策の方向性

Infoblox株式会社 2022-02-24

従来のセキュリティ対策は、防御・検知が主であり、サイバー攻撃を的確に検知し、マルウェアを組織内部に侵入させないために、多くの組織がさまざまなツールを導入してきた。だが、完ぺきに攻撃を防ぐことのできるソリューションは存在しない。各セキュリティツールが連携するように構成されておらず、サイロ化が進んでいる点も問題である。Infobloxでソリューション技術統括本部の本部長を務める髙橋徹氏は、サイバーリスクに対する強い耐性があり、早期に復旧できる能力を持つインフラが重要だと指摘する。この資料では、髙橋氏が「NISTサイバーセキュリティフレームワーク」などをベースに、「予防・検出・対応をバランスよく強化していくことが欠かせない」として、現状のセキュリティ施策の問題点を指摘し、今後を展望する。その際に、可視化の取り組みのキーワードとなる「DDI」について、深掘りして聞く。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]