ホワイトペーパー

これで失敗しない!営業部門の情報改革-ツール導入&活用「成功の3か条」とは

マイクロソフト 2016年03月11日

企業にとって成長戦略を描くための重要なカギの1つとなるのがIT環境の整備である。なかでも営業支援ツールは、業績に大きく影響する営業活動をサポート・効率化するものとして、注目を集めている。例えば、受注の可能性を高める“勝ちパターン” の可視化と共有、社内の異なる部門に分断化された顧客情報の共有など、業績向上に直結する効果を期待して営業支援ツールの導入に踏み切る企業は多い。

 しかし一方で、導入企業の間からは「導入したものの思ったような効果があがっていない」、さらには「すでに利用されなくなってしまっている」といった声が聞かれるのも事実だ。

 営業支援ツールは、上手に使いこなせば着実に営業改革や、顧客サービス向上につなげることができるのは間違いない。

せっかくのツール導入が、成果に結びつかなかった要因は何だったのか。また、どうすれば、導入の成果を存分に得ることができるのか。ここでは、失敗の原因、さらには成功企業の事例を分析し、そこから見えてきた営業ツール活用「成功の3 か条」を紹介する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]