ホワイトペーパー

こんな会話があったら危険信号! 現場の日常会話から見抜く、営業現場がダメになる 4 つの兆候

マイクロソフト 2015年01月27日

自社と顧客をつなぎ、売り上げに貢献する「営業」は企業にとって欠かせない存在。
ビジネス成長の根幹を支える営業活動を語る上で、避けては通れないのが「担当者ごとの成約件数や失注率のバラつき」です。

手を抜いている訳ではないのに成績が延びない営業担当者と、次々に受注を勝ち取る営業担当者。
両者の違いはなぜ生まれるのでしょうか―。

2 社の営業現場で繰り広げられる現場の日常会話から、「デキる営業」と「デキない営業」の "差" がどこにあるのかを検証します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)