ホワイトペーパー

“リフト&シフト”でクラウド戦略を推進するIBMクラウドとコグニティブでCxOの課題を解決

日本アイ・ビー・エム株式会社(C-Suite) 2017年08月01日

「クラウドとコグニティブで実現するビジネス変革とは?」をテーマに開催した「IBM Watson Summit 2017」に、日本IBM 取締役専務執行役員 IBMクラウド事業本部長の三澤智光氏が登場。「コグニティブとオープンな技術でビジネス・トランスフォーメーションを支えるクラウドプラットフォーム」について講演した。
これまでIBMでは、「e-ビジネス」や「スマータープラネット」といったキーワードとともに、新たなテクノロジーを市場に展開してきた。現在、IBMでは、「“コグニティブ・ソリューション”と“クラウドプラットフォーム”の会社」というキーワードとともにクラウド戦略を市場に展開している。

IBM は2017 年4 月27 日、28 日の2 日間に渡って、コグニティブテクノロジー「Watson」を軸とした
カンファレンス「IBM Watson Summit 2017」を開催し、さまざまな業種・業界におけるWatson の活用事例
を通じて、人とコグニティブテクノロジーの相乗効果によって生まれる新たな価値を紹介した。

全文は資料をダウンロードしご覧頂きたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)