編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

ホワイトペーパー

ストレージ環境を刷新した企業5社が得た、運用コスト削減の具体的な効果とは?

日本アイ・ビー・エム株式会社 2022-10-01

ビジネスの根幹をITシステムが担う現在、計画的、非計画的なダウンタイムが業務に影響を与えることは言うまでもない。また、多くの企業は、定期的なメンテナンスや重要な更新を実施する際に多くの人員やコストを割いてきた。特に、システムの要ともいえるストレージ環境においては、コストのかかる容量拡張や複雑な環境の管理などの負担が問題となっている。

サービスやシステムのダウンタイムなく、ストレージ環境を効率的に運用するにはどうすればいいのだろうか。以下の資料では、異機種が混在するストレージ環境と増大するデータ容量要件をより少ない労力で管理できる解決方法として、ストレージ環境を刷新した企業の取り組みとその効果を紹介。

データ圧縮機能による容量、データセンターの消費電力の低減などにより9700万円ものストレージコストを削減したり、管理負荷の軽減により約8000万円もの業務効率の向上を実現しているという。多くの組織が余儀なくされる計画的・非計画的なダウンタイムの削減を図りたい担当者はぜひ一読してほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]