ホワイトペーパー

脅威を検知し対応するための施策を追求、IBMが解決策としてのXDRの今を語る

日本アイ・ビー・エム株式会社 2022-10-01

ESG社が実施した「2021年技術支出意向調査」によると、今後1年間のIT支出を経営層に聞いたところ、クラウド、DX、リモートワーカー支援の時代を背景に47%がサイバーセキュリティーの強化を挙げた。具体的には、サイバー脅威をリアルタイムに検知し、対応するため、多くの企業がセキュリティーオペレーションセンター(SOC)の刷新を試みたという。だが、SOCチームは最新の脅威への対応に苦慮している。
この資料では、脅威の検知とレスポンスを実行する際には、セキュリティー運用の複雑化、人材不足、攻撃対象の拡大と変化、切断されたポイントソリューションツールへの依存などさまざまな課題があることに触れる。有力な解決策として、IBMは「IBM Security QRadar XDR」を提供しており、自動レスポンス機能などXDRの有力な機能を紹介しながら、課題と解決の方向性を示している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]