ホワイトペーパー

生成AIのビジネス活用をどう開始するか、Watson新基盤をスタートしたIBMに聞く

日本アイ・ビー・エム株式会社 2024-05-07

企業による生成AIの活用が進み、既存業務の効率化だけでなく、新たな価値創出をもたらすと期待を集めている。IBMは2014 年にビジネス向けAI事業「Watson」を開始し、2023年には次世代AIプラットフォームとして「watsonx」をスタートしている。
本資料では、生成AIの特徴や導入事例、活用する際に知っておくべきAI倫理について、IBM コンサルティング事業本部の専門家がインタビューに答える。watsonxが多様なデータをあらかじめ備えていること、日本IBMが「watsonx.japan」という全社的な組織体制で活動していること、またIBM 東京基礎研究所でAI技術を研究していることなど、AI事業を裏打ちする同社の取り組みが分かる内容となっている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]