ホワイトペーパー

デスクトップクラウドによるアプリケーション仮想化で実現した約10倍のレスポンス改善

日本アイ・ビー・エム株式会社(Hybrid IT) 2014年08月08日

本資料では国分株式会社(以下:国分)におけるデスクトップクラウドの活用事例を紹介します。
国分では事業継続の強化策として、衛星回線を利用した災害対策システムを構築しました。
しかし一部のアプリケーションにおいて、衛星回線ではレスポンスの確保ができないことから、IBMのデスクトップ・クラウド・サービス「IBM Smart Business Desktop Cloud クライアント環境仮想化サービス」を採用し、アプリケーションの仮想化を図りました。

その結果、衛星回線を利用した場合に限らず、通常ネットワークの利用時でも約10倍のレスポンス改善を実現
しています。

国分の持っていた課題をどのように解決したか、その具体的な詳細は資料をダウンロードのうえご参照ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]