ホワイトペーパー

緊急時どこからでも業務継続が可能になるだけではない!日新製鋼がシンクライアント化によって得た真の価値

日本アイ・ビー・エム株式会社(Hybrid IT) 2014年11月10日

日新製鋼株式会社では、PCおよびモバイル・デバイスのセキュリティ強化、被災時の事業継続性の強化、そして事業再編などのビジネス環境の変化に迅速な対応を行うため、グループ内で利用する業務用PCのシンクライアント化を決定しました。先行導入の期間を経て、2015年3月全業務システムを約4,700台のシンクライアント環境に全面移行しました。

本資料では、従来型のリッチクライアントに比べてセキュリティ面や災害などによる緊急時の事業継続性といったシンクライアントの優れる点を紹介するだけでなく、期待される効果を最大化するためにCitrix XenAppを活用した「共有サービス方式」を採用し、現行の業務システムのクライアント・アプリケーションの仮想化により得られるITリソース最適化や運用効率の向上など、シンクライアント化によって得られたメリットについて、当プロジェクトを推進したPI推進部長の岡田氏へのインタビューを交えご紹介いたします。

本資料のダイジェストは以下となります。
--緊急時にもどこからでも業務を継続できる、次期クライアント基盤の整備が課題に
--次期クライアント基盤のゴール・イメージ
--「共有サービス方式」のシンクライアントを選択。綿密な計画のもと、導入プロジェクトを推進
--ユーザーの利便性向上と運用管理の負荷低減を両立。ネットワークのコスト削減も実現
--アプリケーションの構造改革を進め一層の競争力強化を目指す

詳細は資料をダウンロードのうえ、ご参照ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]