ホワイトペーパー

システムダウンで生じる損害にIT部門はどう対応するか-求められる包括的サポート戦略の必要性

日本アイ・ビー・エム株式会社(Hybrid IT) 2015年08月05日

米国のある調査会社が実施した、ダウンタイムに関する調査によれば、障害インシデント1件あたりの企業に与えるコストは平均で約6,800万円に及んだとの結果がでています。
いまIT部門は、こうしたシステム障害のリスクや悪影響を最小限に抑え、コストを削減することを強く求められています。さらにビジネス目標の達成、コストの削減にどれだけ寄与しビジネスを強化できるかなど、ある意味で背反したミッションを与えられいるのが現状です。

本資料では、今IT部門に課せられた課題である、ITの最適化による生産効率の向上、そしてコスト削減とリスクの軽減をどうすれば実現できるか?その現実解の一つである総合的なテクニカル・サポート戦略を持つことのメリットと、いまIT部門の皆さまが検討すべきアクション、アプローチを紹介いたします。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]