ホワイトペーパー

マネージド・サービス・プロバイダー選びの"10"の条件-ITによるビジネス価値実現への貢献

日本アイ・ビー・エム株式会社(Hybrid IT) 2015年11月25日

モバイル、アナリティクス、クラウドといった新規テクノロジーの採用は、複数のデリバリー・モデル、ベンダー、プロセス、データなど多岐にわたり、これまで経験したことがないような多種多様で複雑な IT 環境をもたらしています。
このようなIT環境の管理は非常に困難なものであるうえ、IT部門は限られたリソースや専門知識で、より多くのサービス要求、ビジネス価値の創造やイノベーション実現に対応することを常に求められます。

その結果、IT部門はこうした要求に単独で対応できなくなっています。
こうした状況の中、IT部門がとるべき最適解は一体どのようなのでしょうか?
ひとつの解が、信頼できるマネージド・サービス・プロバイダーの支援を受けるということです。
それによりビジネス要求、コスト削減、複雑性の管理により迅速に対応しつつ、希望するレベルの可用性のサポート、最新スキルの維持、テクノロジー・イノベーションの採用を実現します。

本資料ではマネージド・サービスのプロバイダーを選択する上で重要な10の重要事項をあげると共に、IBMの提供するマネージド・サービスを利用するメリットや優位性、ビジネスをどのようにサポートするのかを紹介します。

詳細は資料をダウンロードのうえ、ご参照ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)