ホワイトペーパー

女神の複製を創る。触れる国宝--3Dプリンタの可能性

株式会社ストラタシス・ジャパン 2014年09月24日

本資料では、3Dプリンタを効果的に活用し成功を収めた事例を紹介しています。

山形県立博物館の玄関ホール、ここに展示されている「女神」は同県内から出土した「縄文の女神」の実物大レプリカです。
決して触れることのできない国宝を手にとって、「触れる国宝」として楽しんでもらうというアイディアを実現へと導く、3Dプリンタの可能性を資料をダウンロードしご覧ください。

他にも資料では3Dプリントモデルと金型を融合させたデジタルモールドの有限会社スワニーの事例と、3Dプリント金型の情報を紹介しています。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]