編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

ホワイトペーパー

7倍超のデータ削減効果も!DMM.comに学ぶ、VVolsの効果を最大化するストレージのあり方

ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社 2022-02-08

DXが叫ばれる昨今、既存システムにおけるアプリケーションのモダナイズに取り組む企業が増えている。ここでモダナイズと言うと、一般的にパブリッククラウド化することだと思われがちだが、決してそれだけが正解ではない。モダナイズのためにはさまざまな選択肢があり、それらをどう棲み分けるかが重要になってくるのだ。
デジタルコンテンツ配信事業や通信販売事業をはじめ、分野を問わず多岐にわたる事業を展開しているDMM.comも、多くの選択基盤を残しつつ自社のビジネスを支えるITインフラを構築している企業の1つだ。同社では、オンプレミスの仮想基盤とパブリッククラウドを組み合わせたハイブリッド構成を採用している。そして仮想基盤で多様なアプリケーションや機能を柔軟に動かしたいと考えていることから、ストレージについても仮想マシン単位での管理や可視化ができる環境を実現。そのためのアプローチとして、ピュア・ストレージの「FlashArray」を用いた「VMware vSphere Virtual Volumes(VVols)」を活用しているのである。
本資料では、いかにして同社がFlashArray活用のVVolsによって仮想マシンの運用負荷を大きく軽減し、さらに高い安定性や期待を大きく上回るデータ削減効果を得ることができたのかについて、担当者の声を交えて解説している。その効果のほどをぜひ知っていただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]