ホワイトペーパー

【事例紹介】ビジネスのさらなる成長を目指し社内に蓄積されたビッグデータの戦略的活用を推進

日本アイ・ビー・エム株式会社(Analysis) 2014年12月26日

映像配信、インターネット接続、IP電話など通信の分野を主軸に事業を展開している株式会社NTTぷらら。
同社ではビジネスのさらなる成長を目指し、社内に蓄積されたデータの戦略的活用に取り組んでいます。
映像配信サービス「ひかりTV」を中心に、データ量が増大し分析案件も複雑化、社内では専任の分析チームを結成しました。それを支えるのがIBM PureData System for Analysis(旧称:IBM Netezza)とIBM SPSS Modelerです。
本資料ではNTTぷららがどのように膨大な視聴ログを初めとするデータを分析し、ビジネスに活用しようとしているか、その展開を紹介いたします。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]