編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

ホワイトペーパー

混在環境でも手間を増やさない!コストも同時に減らすバックアップの選び方--劇的な時間短縮の事例も

arcserve Japan合同会社 2019-06-17

WindowsとLinux、物理サーバと仮想マシンなど、多くの企業のITインフラは混在環境にあるが、問題となってくるのがバックアップだ。プラットフォームごとにバックアップ製品を用意しなければならず、コスト的には大きなムダが生じるとともに、管理面でも負荷が増大してしまうことになる。

そこで強くおすすめしたいのが、arcserveが提供するバックアップサーバアプライアンス「Arcserve UDP Appliance 8000シリーズ」だ。Arcserve UDPであれば、仮想マシン・物理サーバ・Windows・Linuxといったあらゆる環境のバックアップ/レプリケーションの管理のすべてを、1つのコンソールで行うことが可能となる。また、ライセンス使い放題で5年メンテナンス付ながら、ハード/ソフトを別々に調達するよりも大幅にコストを抑えることができるのである。

本資料には、Arcserve UDPの導入によってもたらされる様々なメリットについて、国内有名企業数社の事例や、主要な利用例をベースに解説している。ぜひご参考いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]