編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

ホワイトペーパー

【事例】100TB超データの低コスト+低負荷なクラウドバックアップを実現した日本特殊陶業

arcserve Japan合同会社 2020-05-19

BCPやコンプライアンスのニーズの高まりを受けて、情報システムの迅速かつ確実なバックアップの重要性はますます高まっている。とはいえ、従来ながらのテープを活用したバックアップでは、日々の運用が煩雑になってしまいとても昨今のニーズを満たすことはできない。

スパークプラグ、セラミックスを製品し世界中で事業を展開する日本特殊陶業もまた、以前は同様の悩みを抱えていた。しかし同社では、「Arcserve UDP」と富士通の「FUJITSU Software Cloud Storage Gateway」による連携ソリューションを導入することで、100TBを超えるデータのクラウドバックアップ環境の構築に成功したのである。

本資料では、バックアップ容量、運用工数・コストなどを削減するとともに、BCP体制も確立した日本特殊陶業の取り組みについて、担当者たちの声とともに解説している。バックアップ環境を見直したいすべての企業にとって参考になるはずだ。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]