編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ホワイトペーパー

Splunkで実現するAWSログ活用 -Splunk App for AWS 4.0セットアップ手順

Splunk Services Japan 2015-10-24

昨今、Amazon Web Service(以下、AWS)の利用が急速に広がっており、コストや業務/運用負荷軽減などの観点から、ミッションクリティカルなシステムについても AWS上で運用したいというニーズが高まっております。それに伴い、セキュリティ、コンプライアンス、アカウンタビリティの観点からAWS上に構築されたシステムの利用状況の可視化ニーズも高まってきています。
Splunkは、AWS上オンプレミス上問わず、システムで発生する全てのイベントデータを収集し可視化することが可能です。

Splunkは、AWS上で生成されるさまざまなログイベントをSplunkに取込み、可視化するためのモジュールとして「Splunk App for AWS」を提供しています。
このAppにより、AWS CloudTrail、VPC Flow Logs、AWS Config、AWS Billiingの情報を簡単にSplunkへ取込み、分析可能となります。同時にS3上に保管されているさまざまなお客様固有データも合せて分析することができます。
またこれらのデータを対象に、リソース利用状況や依存関係、セキュリティ管理のためのダッシュボードも提供しています。

本資料では「Splunk App for AWS」を使って、AWS上で発生するイベントデータを取込み可視化するまでの、AWS側、Splunk側で必要な手順を画面ショットと共にステップバイステップでご紹介しています。

詳細は資料をダウンロードの上、ご参照ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]