編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

ホワイトペーパー

なぜ、単なる「クラウドシフト」ではその真価を発揮できないのか?クラウド環境の可視化と監視の実現を

Splunk Services Japan合同会社 2022-01-11

あらゆる企業にとってクラウドは、IT環境の最新化に欠かせない要素となっており、ビジネスのデジタル化の促進に貢献している。企業はクラウド活用の取り組みを進める中でイノベーションを加速し、運用効率を向上させ、IT支出を最適化する方法を模索しているのである。
ただし、単にアプリケーションやデータをそのままオンプレミスのインフラからクラウドプラットフォームへと移行する「クラウドシフト」だけでは、その可能性を最大限に引き出すことはできないという事実を忘れてはならない。また、クラウドは、俊敏性、効率的なスケーラビリティ、レジリエンスをもたらす一方、運用面で考慮すべき点も新たに生じてくる。
そこで本資料では、そうしたクラウド移行にまつわるさまざまな課題と注意点を網羅したうえで、Splunk Infrastructure Monitoringを用いてGoogle Cloud環境の最新インフラとサービスを監視するための、効果的なフレームワークについて解説している。クラウド化に踏み出したばかりの企業でも、すでにクラウド導入を加速している企業でも、新たな発見がきっと得られるはずだ。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    日本のコンテナ/Kubernetes環境の本番活用が遅れる理由を2つの調査結果分析から考察

  2. 運用管理

    日本企業のDX推進に立ちはだかる「データ利活用」の壁─壁を乗り越えるための5つのステージを知る

  3. セキュリティ

    支払った身代金の平均額は約17万米ドル、復元できた割合は65% - ランサムウェア被害の現実

  4. ビジネスアプリケーション

    DXを妨げる3つの障壁を解消、内製化アプローチとIT基盤構築でDXを実現するベストプラクティス

  5. セキュリティ

    専門家 1264人への調査結果が示す、ランサムウェア攻撃による深刻な被害コストの実態

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]