ホワイトペーパー

大手クラウドサービスが次の標的に、Splunkが予測する2022年のデータセキュリティ

Splunk Services Japan合同会社 2022-03-16

Splunkが「2022年の予測データセキュリティ編」を発表した。サプライチェーン攻撃、ランサムウェアなどセキュリティ脅威が変化し続ける中で、2022年のセキュリティ動向を予測し、最善の防御戦略をテーマとして設定している。内容を見ると、「ランサムウェアは、サイバー犯罪が職業化し、サプライチェーンを利用することで増加する」「大手パブリッククラウドサービスプロバイダーが次の大きな標的になる」などいくつかの衝撃的な予測が含まれていることが分かる。Google Cloud、AWS、Microsoft Azureは攻撃者にとって、インターネット上で特に魅力的な標的だとした上で、Splunkのセキュリティエキスパートが、大手クラウドプロバイダーが直接ハッキングされる可能性について「されない方が驚きだ」とコメントしている。
この資料では、複数の予測を挙げた上で、解決への戦略を示していく。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]