ホワイトペーパー

金銭目的化で深刻さを増すサイバー攻撃、最先端のランサムウェア対策が重視する4つのフェーズ

Splunk Services Japan合同会社 2023-08-28

サイバー攻撃が激化している。その内容は、以前の技術力を誇示する売名目的から、セキュリティ侵害によってお金を得るものに性質が変わってきた。典型的なケースは、組織の情報を「人質」に取り、身代金を要求するランサムウェア攻撃であり、金銭的な被害が発生するため深刻さが増している。被害を最小限に抑えるには、自社のセキュリティレベルを知り、運用措置を確立することが大切だ。

この資料では、サイバー攻撃の検挙率の実情について数値を交えて説明し、解決の方向性を示す。セキュリティ対策の流れを、検索と調査、アラートと傾向分析、組織的なSOC(Security Operation Center)運用、リアルタイムリスク分析とプロセスの自動化という4つのレベルに分け、それぞれを掘り下げて解説する。Splunkが提供する具体的なセキュリティソリューションを通じて説明するため、サイバー攻撃対策が明確にイメージできる内容だ。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    2023年OTサイバーセキュリティの現状レポート--75%の組織が過去1年間に1回以上の侵入を経験

  2. セキュリティ

    サイバーセキュリティ強化に向けてマイクロソフトが示す実践的な指針を紹介

  3. セキュリティ

    5分でわかる「AWS WAF」--基礎知識から運用で陥りやすい3つの落とし穴までを徹底解説

  4. セキュリティ

    最前線で活躍するトップランナーと本気で考える、これからのサイバーセキュリティ

  5. 経営

    ガートナーが指南、迅速な意思決定を促す「AI」活用を実践する3つの主要ステップ

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]