ホワイトペーパー

クラウドネイティブの弊害!?複雑さを増す分散システムの運用課題を克服する方法

Splunk Services Japan合同会社 2024-05-20

今やクラウドの時代となり、四半期ごとの機能アップデートやウォーターフォール型開発は過去のものになりつつある。昨今のデジタルビジネスでは、クラウドネイティブ環境を活用して短いサイクルでサービスを改善し顧客に価値を提供することが求められてきた。
クラウドネイティブ環境は、市場投入までの期間短縮や信頼性の向上といったメリットをもたらす一方で、さまざまな課題を生んでいる。マイクロサービスやコンテナなどの採用でシステムが分散して環境が複雑化してしまい、運用チームにとってはシステム全体の健全性やパフォーマンスを把握しづらくなった。また、開発チームにとってもサービスの新機能追加やアップデートを適用する際に、影響範囲や問題の検出、調査、解決に手間がかかることもある。
本資料では、クラウドネイティブ環境の複雑さを克服する方法について実例を交えて解説している。クラウドネイティブな分散システムの運用において、環境全体の可視化やシステム性能の最適化、開発ライフサイクルの早い段階で信頼性とパフォーマンスを確保するにはどうすればいいのかを詳しく説いている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]