ホワイトペーパー

クラウド時代における「監視」の進化、ビジネス成果を実現する新手法とは

Splunk Services Japan合同会社 2024-05-20

現代の企業は、クラウドネイティブテクノロジーを活用してアプリケーションをかつてないスピードで投入し、常にアップデートしている。一方で、クラウドにはデメリットもある。その1つが、サービス開発と展開手法の複雑化、それに伴うリスクの増加である。単純に言えば、新サービスを展開するたびに、エラー、遅延、障害といったリスクが新たに生じている。それが顧客体験やサービスパフォーマンスの低下、サービスの停止につながると、収益が止まったり、ビジネスの成果に悪影響を及ぼすことになる。
本資料では、システム監視の従来手法の限界を示した上で、ビジネス価値をもたらす新たな解決策を、Splunkのソリューションを参照しながら紹介していく。AIを活用した判断の迅速化、データへのビジネスコンテキストの追加など、新たな手法を具体的に挙げながら、クラウド時代の監視の在り方を示す内容になっている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]