編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ「ジェネレーティブ」
記事まとめ:IT各社の中期経営計画

ホワイトペーパー

Criteoに聞くECマーケターが備えるべきコマース広告の大変動、鍵はファーストパーティデータにあり

Criteo株式会社 2022-01-21

EC事業者にとって、パーソナライズド広告は重要なマーケティング手段の1つだ。しかし、プライバシー保護を巡る取り組みが進む中、従来のサードパーティクッキーに基づくターゲティング手法だけに頼らないマーケティングを検討するべきタイミングを迎えつつある。ECマーケティングが直面する大変動を乗り越え、チャンスに変えるために、ECマーケターはどのような備えをすべきなのか。この資料では、ディスプレイ広告プラットフォームの旗手、Criteoに詳しく話を聞く。キーワードは、EC事業者と掲載メディアであるメディアオーナーが保有するファーストパーティデータ。すなわち、ECマーケターがユーザーの識別情報、閲覧傾向、購入履歴などユーザーとひもづく情報をいかに活用し、ターゲットと戦略に応じてオーディエンスを設定し、広告キャンペーンを開始するかにかかっている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]