ホワイトペーパー

IoTで製造業のパフォーマンスを高める(Intel工場への適用事例を解説)

デル株式会社(ESG) 2015年12月17日

製造現場では、歩留まりや生産効率の改善、ダウンタイムの低減等の課題解決が急務とされ、いま「IoT」と「ビッグデータ技術」によるアナリティクスを駆使した取り組みが注目を集めています。
メーカーは長年にわたりデータの収集と保管を行ってきていますが、その多くは関連サイロ内で機能しています。工場現場全体で生成されるデータを収集、分析し、それに基づく行動に結び付けるまでをどのように実現すればよいのでしょうか?

本資料では、インテルの工場で、センサーの読み取り値を可視化し、各種機械および実行システムからのデータと相関させた結果、約25%の歩留まり損失を回復、年間数百万ドルの節減を実現した事例をご紹介する。

Intel、インテル、Intelロゴ、Xeon、Xeon Insideは、アメリカ合衆国および/またはその他の国におけるIntel Corporationの商標です。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]