ホワイトペーパー

スペック重視!GMOが【OpenStack+オールフラッシュ】でパブリッククラウドを構築、その舞台裏

デル株式会社(ESG) 2016年07月07日

本資料は、OpenStackベースのパブリッククラウドサービスを、オールフラッシュで構築したGMOインターネットの事例です。

「高機能・高性能なクラウド環境を、できるだけコストメリットを感じられる形で提供するには、どうしたらよいか?」という命題のもと、そのためのキーテクノロジーがOpenStackと考えた同社。海外展開時の保守なども考慮し、ハードウェアを慎重に選定しました。

結果、仮想サーバのインフラにはDell PowerEdgeTM R630、ストレージシステムには、OpenStackとの親和性が高い NexentaStor に注目し、Dell-Nexentaストレージ・アプライアンスソリューションを採用。価格を据え置きつつも多機能化し、堅調にユーザ数を増加させています。

今後もOpenStackベースで機能拡張していくというGMOインターネット。選定の経緯や戦略などの詳細について、ぜひダウンロード資料でご確認ください。

最新のインテル® Xeon® プロセッサーは、新しいエンタープライズ・アプリケーション、科学技術計算、通信、ストレージ、クラウド、ビッグデータ分析など、さまざまな用途に、性能、電力効率、仮想化、セキュリティーの面で大きなメリットを提供し、IT 部門の課題解決を支援します。Intel、インテル、Intelロゴ、Xeon、Xeon Insideは、アメリカ合衆国および/またはその他の国におけるIntel Corporationの商標です。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]