ホワイトペーパー

サーバ選びの疑問はこれで解決!Dell EMC PowerEdge サーバ ハンドブック

デル株式会社(ESG) 2016年11月25日

各種ファイルを保存しておく「ファイルサーバ」から、Webコンテンツ配信用の「Webサーバ」、メールの送受信に必須の「メールサーバ」、仮想化技術により複数のマシンを1台で運用できる「仮想化サーバ」に至るまで、企業内には実にさまざまな“サーバ”が存在しています。しかし、こうしたサーバを導入する際「なんとなく予算感が合うから」で選んではいないでしょうか?
もちろんビジネスでは予算に合った機材選びも大切ですが、それ以上に重要なのが「本来の目的を滞りなく遂行できるか」という点です。いくら低価格でも処理が遅くて業務に支障が出るようでは意味がありませんし、逆に将来的な成長予測を大幅に上回るほどのオーバースペックもコストの無駄につながってしまいます。

それでは、どのような方法でサーバを選ぶべきなのか。その答えが、Dell EMCの「PowerEdge サーバ ハンドブック」にあります。Dellの「PowerEdge」シリーズといえば、タワー型からラック搭載タイプ、ブレードサーバ、高密度のクラウド用サーバまで、用途に応じた多彩なラインアップと豊富な実績を誇るブランドです。本資料ではこのPowerEdgeシリーズから、用途に応じたサーバ選択のポイントなどを紹介。ハンドブック形式で分かりやすくまとめてあるので、ぜひサーバ選びの参考にしてください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]