ホワイトペーパー

オールフラッシュ時代を見据え、ビジネス変革を実現するための第14世代 PowerEdgeサーバ登場

デル株式会社(ESG) 2017年08月01日

■オールフラッシュ時代を見据え、ビジネス改革を視野に

本資料は、Dell EMCが2017/7/13に国内で発表し、NVMe SSD対応強化含めた性能面、管理面、セキュリティ対応で強化された第14世代PowerEdgeサーバ製品について、概要を一覧できるシートだ。

同社は最新の潮流であるハイパーコンバージドインフラを推進し、ストレージの改革にも意欲的に取り組んでいるが、次世代インフラのまさに中核となるサーバ製品群が、このほど「14世代」にモデルチェンジした。その「見るべき点」を一覧できる概要書となっている。


■3つの「カギ」の統合

特にポイントとなるのが、ビジネス変革を実現する「カギ」を以下のように統合した点だ。すなわち、

・規模拡大に耐えうるアーキテクチャ
・自動化によるビジネスの盤石化
・統合されたセキュリティ

となる。今後を担うIT基盤を考える際、いずれも不可欠な要素となるものだ。それを具体的に、どのようなハードウェア群に落とし込むのか、その回答が列挙されている。

サーバ性能の向上は、必ずリターンにつながる。ぜひダウンロードしてご覧いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)