ホワイトペーパー

IDC解説:なぜフラッシュストレージ製品をポートフォリオに入れるべきか

デル株式会社(ESG) 2017-08-15

この10年で、エンタープライズ用データセンターのワークロードは大きく変化した。
データストリームのランダム化が進み、その処理がボトルネックになりつつある。
低レイテンシーとパフォーマンスの安定性は当然として、アプリケーションサービスが常時、スムーズに利用できることは絶対的な条件だ。

IDCでは、その解決策で代表的なものとして、フラッシュを永続的なプライマリーストレージ用メディアとして利用することを挙げている。

資料では、台頭するオールフラッシュ市場について、顧客のさまざまな要求と、それに対応して登場したオールフラッシュアレイ市場を中心に検討。続いて、Dell EMC の広範なオールフラッシュ製品ポートフォリオを紹介し、システム面の独自性と、各プラットフォームが対象とする顧客やワークロードについて考察している。
ぜひ参考にしていただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

関連ホワイトペーパー

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]