ホワイトペーパー

いまさら聞けない「プライベート・クラウド」の利点!その得意分野と活用シナリオはこれだ!

日本アイ・ビー・エム株式会社(IBM Cloud Private) 2018年08月30日

クラウドを重視するビジネスが増える中、プライベート・クラウドは、運用のアプローチを最適化しつつ、クラウド・サービスを活用する方法として見られています。プライベート・クラウドをパブリック・クラウド・サービスと組み合わせることで、セキュリティー、コンプライアンス、柔軟性、およびパフォーマンスのビジネス要件に対応した選択肢が増えます。

ハイブリッド・クラウドが成熟し企業を支えるようになるにつれ、エンタープライズ・コンピューティングに対して、一貫性のある予測可能な基盤を提供する必要があります。環境全体の開発、導入、管理および制御提供できる必要があります。サービスのプロビジョニングのしやすさからパブリック・クラウドを活用している組織も多くがありますが、ファイアウォール内で保護する必要があるミッション・クリティカルなワークロードをサポートするにはプライベート・クラウドが実用的だとも考える組織も多くあります。企業は、ワークロードのポータビリティー、セキュリティー、統合と接続、および全体的なワークロードの管理を必要としています。

本書では、プライベート・クラウドの特性とその活用シナリオを紹介します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]