ホワイトペーパー

事例:英国陸軍が、ITインフラ運用の自動化、ユーザーの利便性向上のために選んだツールとは?

レッドハット株式会社(OpenStack) 2018年01月30日

10万人以上からなる英国陸軍は、すべての関係者を支援する大規模なアプリケーションやWebサービスなどをホスティングしている。この業務を担当する情報アプリケーション・サービス (IAS) 科は、計画外のダウンタイムとサポートの問題に対処するため、プライベートクラウド環境をOracleからRed Hat Enterprise Linuxに移行した。

計画外のダウンタイムが生じると、ユーザーの作業は中断され、アップデートのデプロイも遅延してしまう。すべての業務において迅速さが求められるIASは、インフラ、アップグレード、管理、およびサポートを効率化することを目指した。この目標達成に大きく貢献したのがAnsible Tower by Red Hatだ。これにより、重要なパッチの導入にかかる時間を3日から3時間に短縮し、変更の提供までにかかる時間を75%削減できた。

本資料では、英国陸軍が抱えていた従来システムの問題点、なぜRed Hat Enterprise LinuxやAnsible Towerを選んだのか、導入の効果などを詳しく解説している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)