ホワイトペーパー

マンガで綴るシステム運用自動化への道~あの企業はいかにして情シス部門の残業を激減させたのか?

レッドハット株式会社 2018年09月05日

柔軟かつスピーディなビジネス展開が強く求められる今日、情報システム部門にもそれを支援する“攻めのIT”に注力することが期待されている。しかしながら多くの企業の情報システム部門では、サーバの構築から、設定変更など、日々のシステム運用に追われているのが現実ではないか。

このように手作業の処理が膨大に存在するシステム運用作業は、ともすれば長時間労働の慢性化や人的コストの増加、属人化による組織の柔軟性の低下など、様々な弊害を企業にもたらすことにもなりかねない。これでは攻めのITにせよ働き方改革にせよ、とてもではないが実現は難しいと言える。また、いち担当エンジニアも自らのエンジニアとしての付加価値を向上するために日々変わる技術にキャッチアップする必要があるなかで、日々繰り返される作業を削減したいという思いがあるのではないだろうか。

そうしたなか注目を集めているのが、レッドハットが提供するシステム運用自動化ツール「Red Hat Ansible Automation」だ。システムの裏側に存在する様々な作業を人手から自動化へと変えていくこのツールは、ネットワーク環境やクラウド環境など、非常に多岐にわたる環境で自動化を実現する。

本資料はとある企業の情報システム部を舞台にしたマンガだ。そこには、徹夜で行われていたシステムメンテナンス作業を「Ansible」を用いて自動化するまでの、最初のきっかけとなった興味深いエピソードやAnsibleを利用することのメリットなどがリアルに描かれている。ぜひ気軽に目を通していただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]