ホワイトペーパー

独自アンケート調査から探る「中国発SNS」との上手なつきあい方

株式会社インターネットイニシアティブ 2016年01月21日

中国はソーシャルネットワークの先進国だ。2大SNSである「微信 (WeChat)」「腾讯 QQ(TencentQQ)」は、中国国民の仕事や生活や溶け込み、なくてはならないインフラとして機能している。中国進出を図る企業にとっても、社員とのコミュニケーションや市場のマーケティングなどに欠かせないツールだ。また一方でオフィスでの業務外利用への対策も必要となっている。IIJが行った「勤務時間中におけるSNSの利用について」の独自アンケート調査から中国発SNSの活用の勘所を探る。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]