ホワイトペーパー

【事例】クラウド事業者のストレージ基盤選定のポイントとは

日本ヒューレット・パッカード株式会社(ストレージ) 2016年06月14日

新潟を本拠にITソリューションビジネスを展開するBSNアイネットは、クラウドサービス「iNET IMAGE BANK」を提供し、サービス開始以来、年率2ケタ以上の成長を続けている。

しかし、サービスメニューのひとつである仮想サーバーホスティングでは、近年、大型の業務系システム、SNSやEC系システム、SaaS事業者によるアプリケーションサービスなど稼働させるアプリケーションの大型化と、それに伴うリソース要求の増大が顕著になっていた。高負荷のオンライン処理、長時間の夜間バッチなど、サービス基盤の負荷が急速に高まっていたのだ。

データベースサーバーの増強などで対処したが解決には至らなかった。ストレージI/Oがボトルネックになっていたからだ。しかし、従来のiSCSIストレージ、NFSベースのファイルストレージでは明らかに性能不足で、抜本的な問題解決にならない。そこで選択したのがオールフラッシュストレージ「HPE 3PAR StoreServ」だった。

本資料では、HPE 3PAR StoreServ によってもたらされた、バッチ処理時間やバックアップの所要時間の短縮を具体的数値をあげて紹介するとともに、VMware VVOLやOpenStackなどとの連携も考慮したる単一のストレージ基盤を目指すBSNアイネットの取り組みを紹介する。ぜひ資料をダウンロードして、自社のITインフラ構築の参考にしていただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]