ホワイトペーパー

知らないと損をする オールフラッシュストレージによる4つの効果

日本ヒューレット・パッカード株式会社(ストレージ) 2016年07月13日

本資料は、オールフラッシュストレージの効果を4つの視点から紹介するものです。ストレージの導入を検討されている方、日本ヒューレット・パッカードのオールフラッシュストレージ 「3PAR StoreServ」に興味がある方に適した内容です。

今、従来のハードディスクストレージに替わる次世代のストレージとして、オールフラッシュストレージが注目されています。すべてのディスクがフラッシュメモリで構成されているオールフラッシュストレージは、ハードディスクストレージに比べて圧倒的な高速処理が可能になります。

従来、データベースやVDI(デスクトップ仮想化)など特定用途での利用が主であったオールフラッシュストレージでしたが、可用性、信頼性、コストといった課題をクリアすることで、ミッションクリティカルな基幹系システムやサービスプロバイダー、アプリケーション統合、eコマースなど多岐にわたる分野での利用が進むようになりました。

本資料ではオールフラッシュストレージの導入による4つの効果について、具体的な数値をあげながら解説するとともに、具体的な導入事例も紹介しています。また、エンタープライズ利用で求められる「スピード」「経済性」「信頼性」といった要件を満たす日本ヒューレット・パッカードのオールフラッシュストレージ 「3PAR StoreServ」の機能も紹介しています。

詳しくは、本資料をダンロードください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]