ホワイトペーパー

調査データで探る! 成功企業はオールフラッシュをどう活用しているのか

日本ヒューレット・パッカード株式会社(ストレージ) 2017年08月31日

「データは新しい石油である」──そんなフレーズが大きな注目を集め、さまざまな企業がデータ活用に取り組んできた。ただ、思ったような成果を上げられない企業も多い。

そこで思い出してほしいのは、「新しい石油」というフレーズには、単に原料を掘り出すだけでなく、精製加工し提供してはじめて価値を生むという意味が込められていることだ。

従来、データの収集や加工、提供には、専門的な知識とノウハウ、それを生かす技術が必要だった。しかし今、そうした技術を支える基盤としてオールフラッシュが台頭した。オールフラッシュは、企業のデータ活用を飛躍的に向上させることができる。

この資料では、Frost & Sullivanの調査レポートをもとに、企業がデータを資産として活用するうえで課題になるポイント、フラッシュテクノロジーを採用するメリットとデメリット、オールフラッシュがもたらすビジネス価値、否定的意見を説得するためのヒントなどを解説している。

ストレージベンダーの選定のポイントについても解説しており、ストレージ検討企業には最適なレポートである。また、稟議書添付の参考資料としても活用できるだろう。

データが企業の重要資産になるなか、オールフラッシュストレージをはじめとしたフラッシュテクノロジーの活用は、企業の生命線だ。ぜひダウンロードして、フラッシュ活用のヒントを探ってほしい。

【Frost & Sullivanとは】
1961年に創立。独自のリサーチに基づいて企業のビジネスを成長に導くグローバルな知見を提供し、ビジネスの新たな成長機会の創出からイノベーションの実現までを支援している。世界40拠点以上のグローバルネットワークを軸に、世界80ヵ国と300に及ぶ主要な全てのマーケットを網羅している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)