ホワイトペーパー

【事例】病院情報基盤の安全性を脅かすバックアップシステムのコスト─解決の決定打とは?

日本ヒューレット・パッカード株式会社(ストレージ) 2019年04月12日

電子カルテシステムをはじめとした医療機関の情報システムには、当然のことながら高い安全性や信頼性が求められる。そのため、いざというときに即座に業務復旧できるような環境を構築することは、すべての医療機関にとっての悲願であると言っても過言ではない。

しかしながら、万一の大規模システム障害などに対応するためのバックアップシステムを構築しようとしても、コスト面などから本番系システムと同等の環境までを用意することはなかなか難しいのが実際のところだ。

こうした全国の医療機関共通の課題を抱えていた福岡県・久留米市の聖マリア病院では、Nimble Storageを導入することで、万一の障害時にも短時間で業務復旧が行える高性能・高信頼インフラを実現したのである。

スナップショットや筐体間レプリケーションなどのデータ保護機能を標準搭載しているNimble Storageを採用した同病院では、どのようなインフラの上でどんな医療情報システムを活用しており、万一の障害時にはどれだけ少ない時間で業務復旧が行えるのかの詳細は本資料に目を通してご確認いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]