ホワイトペーパー

【調査資料】企業間取引に関わる帳票電子化の最新動向

コクヨ株式会社(@Tovas) 2016年03月15日

2015年の税制改正において、「電子帳簿保存法」が改正されました。電子取引に関わるデータの保存においても、電子署名が不要になる等、規制が緩和されています。今回の改正により、請求書、注文書、支払通知書等、企業間取引に関わる帳票の電子化・システム化は進むのでしょうか。

 2015年12月の独自調査では、「すべて電子化している」1割、「部分的に電子化」が5割、「まったく電子化してない」が4割という回答結果となっており、そこから企業がすべてを電子化することができない理由、課題が明らかになってきました。

 本資料は、2015年の独自調査結果から企業間の取引でやりとりされる帳票の実態と最新動向、電子化の「理想」と「現実」のギャップを埋めるためのソリューションについて、導入事例も踏まえて解説します。

 詳細は資料をダウンロードのうえ、ご参照ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)