ホワイトペーパー

【海外最新事例で解説】仮想サービスによるソフトウェアのテスト環境で開発時間を50%節約した方法

日本ヒューレット・パッカード株式会社(開発・運用) 2016年04月07日

全世界で6,600店舗を展開するビデオゲーム販売店のGameStopのIT組織は、「市場投入までの期間短縮」というビジネス目標を立てました。そして、達成のために品質に関する「シフトレフト(前倒し)」アプローチを採用して、発見された不具合をその場で修正する方針を固めました。

GameStopにとって、市場投入の期間短縮とは社内向け(人事部門など)、社外向け(WebサイトやPOSシステムなど)に提供されるサービスの作成、開発、テスト、展開を迅速化することです。そのためには、テスト品質と継続的インテグレーションおよび継続的デリバリの改善を目指すことが第一でした。

本資料では目標達成のために、HPE Service Virtualizationを導入して、外部および社内サービスを仮想化し、実際の動作をシュミレートするソフトウェアのテスト環境を構築する道を選んだ理由、方法を解説しています。どのようにして従来の開発アプローチと比較して50%時間を節約したのか、詳細は資料をご覧ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)