ホワイトペーパー

x86サーバーでは応えられない要件を実現する「IBM Power Systems」

日本アイ・ビー・エム株式会社(Power Systems) 2016年07月05日

デジタル変革時代の中で企業競争力を向上するために、膨大で多種多様なデータ処理を高速に実行できるIT基盤が求められています。

「はじめてのIBM Power Systems」と題された本資料は、Linux、AIX、IBM iに対応するIBM POWER8プロセッサー搭載サーバー「IBM Power Systems」の特長を、「パフォーマンス」「仮想化機能」「信頼性とセキュリティ」の面から解説。x86サーバー以外の選択肢としてのIBM Power Systems の魅力を伝えています。

特に、「パフォーマンス」に関しては、POWER8プロセッサーとインテル・プロセッサーとのスループット、帯域、キャッシュ、スレッドなどを比較。大容量データの処理、分析をスピーディーに実現できるとともに、サーバー台数の削減や省電力などTCO削減につながることを示しています。また、脆弱性報告がゼロの堅牢な仮想化環境である「PowerVM」についても言及しています。

基幹システムや仮想化によるクラウド基盤など、システム基盤の総合力向上を検討している担当者にとって、IBM Power Systemsの特長を知ることのできる有益な資料となっています。詳細は、資料をダウンロードしてご確認ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)