ホワイトペーパー

ファイアウォールだけで守れるか? より高度な内部セキュリティ対策を実現するには?

ヴイエムウェア株式会社(NSX) 2020-02-20

大手電機メーカーがハッカーから攻撃を受けるなど、サイバー攻撃の脅威がこれまでにも増して大きくなっている。更に今年は4年に一度の国際的なスポーツの祭典を夏に控えグローバルからも標的とされるサイバー攻撃リスクはさらに高まっていきそうだ。

多くの企業は、ファイアウォールを設置することでサイバー攻撃を阻止できると考えているかもしれない。しかし実際には、DNS、HTTP、HTTPSといったポートから侵入し、アプリケーションやデータベースの脆弱性を見つけ出し情報を盗むという攻撃も起こっている。通常のファイアウォールだけに頼らない対策が求められているわけだ。また今日、多くの企業はハイブリッドクラウド/マルチクラウドを採用し、アプリケーションがデータセンターの外に置かれている。相互に接続されたネットワークのセキュリティを一元的に担保し、アプリケーションまで含めて監視する必要が出てきている。

本資料では、そうした課題に対応するためのソリューションとして、ヴイエムウェアが提供する「VMware NSX-T Data Center」、および、そこに実装された次世代ネットワークアナリティクス「VMware NSX Intelligence」、分散型IDS/IPSプラットフォーム「VMware NSX Distributed IDS/IPS」について紹介する。内部セキュリティ対策を軸に、巧妙化、大規模化するサイバー攻撃への防御を行おうと考えている担当者にとって、参考になる資料となっている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]