ホワイトペーパー

データはビジネスストーリーの主人公に!IoT、クラウド時代のDB構築をプロ視点で議論する

日本マイクロソフト株式会社(SQL Server) 2017年03月01日

ITシステムの構成の中で、もっとも保守的に扱われる要素がデータベースだ。
問題なく使えているならば、できるだけ手をつけたくないのが普通だろう。
ところがここ最近は、TV や一般紙までも、デジタル トランスフォーメーション (事業変革) による「データ利活用」に注目した報道を行うようになっている。
もはや「IoT (Internet of Things)」「クラウド」など、データをめぐるビジネスストーリーは特別なものではなくなりつつあるのだ。
こうした背景からか、昨今「データ基盤」である「データベース」環境を積極的に移行、刷新し、新たなデー タ活用に取り組むべきとの話を良く耳にするようになってきた。
しかし、IoT、クラウド、ビッグデータの時代となった今、データベースの移行は本当に現実的な選択なのだろうか?
コストメリットは本当にあるのか。最新のハードウェアやクラウドなどの新しい環境を活用するには、データベース移行にどう取り組めばいいのだろうか。さまざまなデータベースを扱ってきた豊富な経験を持つ、デー タベースのエキスパートたちに移行プロジェクトの「実際」について、話を訊いた。
座談会の様子は資料をダウンロードの上ご参照ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)