ホワイトペーパー

クラウド時代―重要データの防護とビジネス基盤の強化を実現するソリューションとは

クロス・ヘッド株式会社 2017年10月02日

クラウド化が進んでいる。コスト削減だけではなく、働き方改革や業務の効率化などビジネスをより強化するうえで有効だからだ。どこでも簡単にデータを取り出し、メールで送信できる反面、office365などクラウド上に格納されるデータをいかに守るかは、情報漏洩を防ぐ上でも必要だ。

そこで紹介するのが「デジタルガーディアン ネットワークDLP」(クロス・ヘッド)。クラウド上のデータの内部不正対策、データの一元管理、ウェブメール本文や添付ファイルデータの漏洩防止と企業の持つ課題を解決する。

注目したいのは、社内やクラウド(Box・OneDriveなど)に点在する重要データを一元管理できることだ。すべてのメールに対し、ポリシーを発行し、暗号化する。サードパーティ製品との連携も可能で、Office365など多くの企業が導入しているウェブメールとも相性がいい。

せっかくいいビジネスをしても、重要データが漏れてしまっては意味がない。ぜひ本資料をダウンロードし、自社のメール環境を見直してみてはいかがだろうか。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]