編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ホワイトペーパー

導入事例:分散してしまったWebアプリケーションを集約しコンテナ基盤で一括運用

レッドハット株式会社 2019-09-13

TOKAIグループは、TOKAIホールディングス傘下に24の事業体を持ち、近年はM&A投資も積極化させている。そのためグループ各社が部門ごとに構築した販売促進のためのWebアプリケーションが分散してしまった。そこで、セキュリティ対策などの観点から新しい開発・実行環境を構築して、運用管理を集約することになった。

同グループは、Webアプリケーションの集約を実現するための新しい基盤技術としてコンテナ技術を採用し、 開発・実行環境にはパブリッククラウドでコンテナ技術が利用できるマネージドサービス型の「Red Hat OpenShift Dedicated」を採用した。

TOKAIグループでは、社内システムのほとんどがオンプレミス環境で運用されているが、キャンペーンなどの販促サイトは事業部裁量で外部のホスティングサービスを利用して構築されるケースが多かった。こうしたケースでは時間経過につれ管理者不在のWebサイトが発生することがある。そうした意味で本資料は、事業部ごとの自由なサイト展開を維持しながら、リスク管理を強化したいというユーザーに有益な資料となっている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]