ホワイトペーパー

「柔軟性はクラウドと同等」オンプレミスの泣き所を解消したシステム調達法

日本ヒューレット・パッカード株式会社(フレキシブルキャパシティ) 2017年03月27日

企業のシステム環境は高度化・複雑化しているが、自社のオンプレミス環境と複数の外部クラウドを組み合わせる事も当たり前になってきている。今後はさらに、こうしたハイブリッドな環境を1つのリソースプールとしてまとめ、さらに柔軟な運用が求められていくはずだ。
ここで課題となるのが、パブリッククラウドは非常に柔軟に利用できるのに対し、オンプレミス環境を同等の柔軟さにするのが困難ということだ。その解決策となるのが「HPEフレキシブルキャパシティ」サービスである。
HPEのサーバやストレージ、ネットワークなどのITリソースを社内データセンターに設置し、月次の利用量に応じて従量料金で使えるというもの。HPE製品だけでなく、一部のMicrosoft AzureやSAP HANAなどとも組み合わせ可能だ。わかりやすく解説しており、ぜひ参考にして頂きたい。[3分10秒]

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]