ホワイトペーパー

イノベーションの阻害要因はIT部門? IT運用をがらりと変える新たなサービスモデルの可能性

日本ヒューレット・パッカード株式会社(フレキシブルキャパシティ) 2017年12月18日

今やIT部門に課せられた使命は以前とは大きく変わった。テクノロジーと組織面や運用面のイノベーションとを合わせて自社を次のレベルへと移行させ、新しいビジネスモデルを創出することはあらゆる企業にとって待ったなしの課題だ。それを成し遂げるためにはIT部門によるビジネスへの貢献が欠かせなくなっているのである。しかしながらIT要員が費やしている時間の約80%は依然としてIT運用あるいは「画一的な重労働」と呼ばれる作業であるのが現実だ。これでは自社を競走上で差別化できるようなイノベーションを巻き起こすことなど難しいことがおわかりいただけるのではないか。

このように、日常のIT運用をより少ない資源で管理するという困難な課題を解決するのが、ヒューレット・パッカードエンタープライズ(HPE)が提供する「フレキシブルキャパシティサービス」である。これは、自社のデータセンターのキャパシティを、時間の経過とともに増減させ、必要に応じて使用した分だけ支払うというモデルだ。これにより、業務部門にはパブリッククラウドのような体験を提供しながら、自社のデータセンタークラウド環境を所有することでコントロールを維持しつつ、日常的な作業の多くを信頼できるプロバイダーに依頼できるようになるのである。

では、「フレキシブルキャパシティサービス」がどのように構成されており、その導入による具体的なインパクトはどのようなものなのか──。調査会社IDCがとりまとめた本資料をダウンロードのうえご確認いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]