ホワイトペーパー

全体像を捉える。データドリブンマーケティングによる顧客プロファイルの構築

アドビ システムズ 株式会社(Adobe Experience Cloud) 2017年11月01日

効果的なデータドリブンマーケティングを展開するには、顧客一人ひとりの文脈や嗜好に合ったコミュニケーションをし、エンゲージメントをいかに高めるか、ということが重要です。

それでは、そのような環境を実現するにあたり、まず何を始めれば良いのでしょうか。今日のマーケターは、企業サイト、メール、広告など様々なデータソースを扱っています。ここに、統計情報や社内に点在する互換性のない様々なデータベースが入り、複雑化していきます。

単独では限られた価値しか持たない情報でも、異なるソースから得た情報を10個組み合わせ、相互関係を理解すればマーケティングとして大きな価値を持つ場合があります。「顧客を包括的にとらえる」とはこれらすべての情報を組み合わせて、顧客一人ひとりの全体像をつかむことを意味します。

本書では顧客一人ひとりのに最適なエクスペリエンスを提供する方法を解説します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)