ホワイトペーパー

未来をつくる。顧客の行動を予測し成功をつかむ

アドビ システムズ 株式会社(Adobe Experience Cloud) 2017年11月01日

予測マーケティングの基本的な考え方は非常にシンプルです。
例えば、ある小売店で、ある年のブラックフライデーに売り上げが急増したとしましょう。翌年も同じように売り上げが伸びました。この情報から、この小売店は次のブラックフライデーも売り上げがのびると「予測」し、それを見越した計画を立てることができます。

このようなシンプルな例が当てはまるのは、ごく限られたケースですが、的確なテクノロジー、人、プロセスが揃えば、その適用範囲は大きく広がり、ビジネスを加速することができます。

しかし、予測マーケティングは、それだけで効果をもたらすものではありません。その実際の価値は、それを踏まえて行われる行動の部分にあります。そして予測マーケティングを効果的に利用できるかどうかが、データドリブンマーケティングの成熟度を示す指標の一つです。

本書では、膨大なデータから可能な限り最適なエクスペリエンスを構築し、収益を増加させる方法を解説します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)