編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「ローカル5G」

ホワイトペーパー

【事例】高度な自然言語処理API実現のヒント:NTTコミュニケーションズの取り組み

グーグル・クラウド・ジャパン合同会社 2020-11-25

NTT コミュニケーションズ(NTT Com)は、顧客の DX 実現のためインターネット事業や先進的な通信インフラの展開、ICT の活用による経営課題の解決、スマートな社会の実現に取り組む。人工知能(AI)を活用したサービスでは、労働人口の減少による人手不足や、顧客とのコンタクト業務の多様化などの業務課題の解決をも目指す。

自然言語処理技術を利用するための API サービス「COTOHA API」では、コンテナ技術を使う方針で複数のクラウドサービスを比較検討し、開発プラットフォームとして Google Cloud を採用。特に Google Kubernetes Engine(GKE)は起動速度が速いことを評価した。

この資料では、NTT Com が目指す企業理念を Google Cloud で開発するアプリケーションによって実現する様子を詳しく解説している。AI 活用を検討する企業にとって有益な情報を収めているため、ぜひ一読していただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]