ホワイトペーパー

【事例】日本テレビが実践、データ統合基盤のクラウド化と効果的な活用人材の育成法

グーグル・クラウド・ジャパン合同会社 2020-12-09

総合コンテンツ企業への進化を目指している日本テレビ放送網(日本テレビ)。同社は、データを活用した DX による構造改革に取り組み、その中でもインターネット領域をビジネスの柱に成長させることを目的とし、データ活用による新しい価値創出を目指している。

日本テレビでは当初、MVP(Minimum Viable Product)開発手法を用いたデータ統合基盤を利用していた。しかし、リソースに制限があり、より高度なデータ解析では性能不足が起きるなど、データが分散してサイロ化するという課題があった。そこでクラウドをベースとした統合基盤を構築し、インフラコストを大幅に削減し、高いコストパフォーマンスを実現した。

本資料では、サイロ化したデータを統合するために日本テレビが選んだクラウド基盤と、ビジネス側の担当者でも簡単に活用できるように取り組んだ実践的なトレーニングの内容などを紹介する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]